close

RECOMO Xのサービスを詳しく説明した資料をダウンロードしていただけます。

RECOMO

RECOMO

RECOMO X の想い

RECOMO X の生い立ち

RECOMOとして様々な企業フェーズに携わってきた中で、事業の成長に合わせて組織・カルチャーの形成を行うことの大切さ。
そして、より早い段階から入ることで「その後の事業成長を何倍にも加速することができる」という強みを、価値をより提供したい。
様々な経営課題に応えるCxOと共に事業を加速させたい。

CEOがより価値発揮をしていくためには、様々な領域で経営目線を持ち、事業を担えるメンバーが必要です。

RECOMO Xには事業を本気で推進するべく、CxOとして実績のあるメンバーが集い結成しました。

CxOメンバーの想い

RECOMO

CEOの可能性・価値を最大に広げる力になる

CEO 橋本 祐造

これまでの人事領域での経験から、人が最も力を発揮できる瞬間は、「自分が情熱を感じられることをしている時」だと確信しています。企業の中での経営者は、過去、現在、未来をつなぐことができる大きな影響力を持っています。

一人一人の経営者にはもっと無限の可能性があると思っていて、それを最大に発揮できる存在でありたいと思っています。

理念や "らしさ" がにじみ出る事業づくりで、
ワクワクする会社をつくる

COO 押田 絵梨香

理念に仲間が集まり、事業を通して理念に向かう。
その過程で、 CEOは心が折れそうになる瞬間が何度もあります。

目の前の現実を考えて、目を背けたり、逃げたくなったり....掲げたビジョンから基準を下げたくなることがあるかもしれません。

でも、CEOは孤独な存在ではありません。

RECOMO XがCEOの右腕となる体制づくりと事業づくりを共創することで、その会社だからできる「らしい」事業や新たな価値を生み出し、会社の存在意義を高めていきたいと考えています。

RECOMO
RECOMO

ブランディング × CxO × エコシステム

CBO チカイケ 秀夫

CxOの流動性が日本の成長要因のキーになっていきます。
100社×CxO100人がいれば、1万通りの『CxOの形』があります。今のCxOのミスマッチもCxOも企業、そもそも「定義」の時点でズレているケースが多いです。
自分は海外の4P/4Cなど、世界で一つのフレームワークにこだわっています。

『CXO=人』で狭いパイの奪い合いではなく、エコシステムとして、どの企業で再現性がある形で会社の資産として残していきます。

デザインで、ワクワクする事業・人を増やす。

CDO 岡村 邦博

「モノをカタチにする」。デザイナーに求められる期待の一つですが、デザインには大きな可能性が秘められています。

見る人・関わる人・働く人、様々な「人」に向けて最適化することでパフォーマンスの最大化できる手段といえます。

経営者の想いや、事業の存在意義、デザインのチカラをつかってエンパワーメントしていきたいと考えています。

RECOMO

「人の可能性・価値を最大化する社会」
私たちのミッションです。

これから日本の労働人口が減少していく中で、ますます経営資源の「人」が重要なアセットになってきます。一人ひとりの可能性を広げ・価値を最大化させる組織を増やすことが、未来に向けた「資産」をつくることになると確信しています。

多くの会社で共通している課題は「人」の部分にあります。
例えば、
・社員が増えてきて、経営の思いが届かなくなる
・︎事業成長を優先させてしまい、組織成長が後回しになり、結果、徐々に離職者が増えてしまう
・︎自分たちがやっていることがどこに向かっているのか分からなくなる。(目先の課題解決ばかりをすることに追われてしまう)

そんな現状を私たちは、自社の事業を通して、もっと会社という場(存在)がワクワク・ドキドキできる状態を目指しています。

人に纏わる課題は経営から変える覚悟を持ち、改善していくことで、より良い人と組織の状態をつくることができます。

私たちは「人」にフォーカスをしながら可能性を追求し続けます。

導入のご検討・ご相談はこちらから